経営理念 『互敬関係』 人と人としての関係をつくりたい

 

『互敬関係』の意味

お互いの理解と敬意を深め、気持ちのキャッチボールができる『人と人としての関係をつくりたい。』

『互敬関係』は、そのような思いを込めた造語です。

そのような関係をつくるために、まずは自分が信用してもらえるように「売る時だけではない、無責任でない中古車販売業」に取り組んでまいります。

なぜ、このサービスを始めたか

私は元々、オークションでの車両販売と、電気通信の工事(インフラ整備)をしておりました。しかし、どちらも、お客様の顔が見えない、中間管理職のような立場でした。

下請け構造の中では『それは自分達の都合だけではないのか?』『皆にとって(お客様にとっても)、いい結果になるのか?』というような、疑問のある事が多々ありました。

そこから次第に「自分にとってやりがいのある仕事とは何なのか?」「自分が本当に生きがいを感じる事は何なのか」を考えるようになりました。

「自分ができる事は何だろう?」と、考えた末、「お互いに敬意をもてる、人間関係をつくりたい。増やしていきたい」という思いから、「お客様と顔を向き合わせた仕事がしたい」と、このサービスを開始しました。

元々お付き合いのあるディーラーさんや、中古車の販売業者さんもおられるかと思います。
そのご関係も大切にして頂いて、私共も何かお困りの際に、少しでもお役にたてれば幸いです。

いつでも、小さな事でも、どうぞお気軽にご相談ください。

 

PAGE TOP